記事一覧

大きな地震を経験して感じたこと

かなり久しぶりの投稿となってしまいました。


18日朝に発生した、大阪を震源とする大きな地震。

私は最大震度を観測した地域ではないものの
同じく関西圏の大きな揺れを観測した地域に住んでいます。
 

2歳の息子とともに、大きな地震を経験し
感じたことを書き留めておきたいと思います。




地震が発生したとき


地震が発生したとき、私は自宅で朝ごはんを作っていました。

ガサガサッという揺れを感じ、すぐに
地震が起きたと分かり、リビングにいた息子の元に急ぎました。

 
このとき「息子を守らねば」という思いで
体の動きが一致して、自分でも驚くほど瞬時に対応することができました。

 
しばらくして、両膝を擦りむいていたことからも
必死で息子を守ろうとしたんだな、ということがわかりました。

今回は自宅にいたのでこのような行動を取れたのだと思いますが
母親としてこのような行動を取れたこと、少しだけ自信になりました。


息子にも今起きていることを伝えました


地震発生時、まだ出勤前だった夫。
すぐに電車の運行見合わせの情報が入ってきたため
その続報と被害の状況を知るため、NHKを見ていたんです。

(正確にはいつも通り、息子がEテレを見ていたんですが切り替わりました。)

息子はまだ2歳。

報道番組はつまらないし、不安を煽ってしまうため
見せるべきではないという考えもあるかと思います。

 
ですが、電車の運行情報の続報を知りたいこともあり
我が家では息子も一緒に報道番組を見ました。

(息子が特に不安を感じたりしている様子もなかったので)

 
そして「地震」というもの
「地震が起きると大変なんだよ」ということを教えました。

 
ほとんど理解はできていないと思いますが
地震大国に暮らす以上、地震とは切っても切り離せません。

 
息子の負担にならない程度に
その危険性と地震が起きてしまったときどうするのかを
しっかり教えていきたいと思っています。

 

スポンサーリンク

ガスの供給停止地域でないのにガスが出ない…



揺れが収まってからしばらくして
お湯を出そうとするのに出ないことから
ガスが使えないことに気づきました。

 
ニュースでは、震度が大きかった地域ではガスの供給が停止されているところがある
と見ていたので、てっきり我が家もその対象なのだと思い込んでいたのですが…

 
時間を追うごとに
私の住む地域ではさほど被害が大きくないことが分かり
「どうしてガスが使えないんだろう」と疑問に思い始めました。

 
ご存知の方はもうお気づきかと思いますが
そう、我が家はガスの供給自体が停止されたわけではなく
安全装置が作動したことでガスが使えなくなっていたのです。

恥ずかしながら、今回経験するまで知りませんでした。。

 
そのことを知るきっかけとなったのはTwitterの情報。

すぐに情報を元に、ガスメーターに付属している指示書通り
マイコンメーターを操作すると
約3分後にはガスが使えるように!!

 
ここ数年、震度4〜5規模の地震を経験していなかったとはいえ
無知であることを恥じました。

 
今日になり、大阪ガスがCMで情報を流し始めました。
私のように安全装置の存在をご存知ない方のきっかけになりますように。。


今後の余震、そして来たる南海トラフ地震に向けての備え



私の住む地域は余震で眠れないというほどではありませんでしたが
今日、普段通りに行動をしてよいものか、かなり悩みました。

 
また地震が起こり
電車やエレベーターで閉じ込められたら
息子を連れている状態でどうしたら良いのかわからないからです。。

 
ギリギリまで悩みましたが
考えうる対策をして、いつも通り息子と電車に乗りプレ幼稚園に行ってきました。

 
実際の対策ですが

・抱っこ紐を持参する

・おにぎり、おやつ、飲み物、オムツ、おしりふきを多めに持参する

 

遠方ではなく、頑張れば徒歩で自宅まで帰れる距離ということもあり
上記の対策をして出かけました。

幸い、余震もなく、無事に行って帰ってくることができました。

今日は毎週通っているプレでしたが
まだまだ不要不急の外出は避けるべき時期かと思います。

このタイミングで
備蓄、避難方法の見直しなどを行いたいと思います。
関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

スポンサーリンク

プロフィール

tomochan12

Author:tomochan12
ギリギリ昭和生まれのアラサー
2013年に結婚し現在一児のママ

里帰りしない&サポートなし出産を選んだ方の
お力になれるようなブログにしていきたいと思っています。

このブログを開設したきっかけやプロフィールに関してはこちらをご覧くださいませ。

お問い合わせはこちらから。

訪問者数