記事一覧

息子との一日の過ごし方(2歳3ヶ月)

久しぶりの更新になってしまいました。

今回は、息子との1日の過ごし方をまとめてみたいと思います。

色々な方のブログを読んでいて、お子さんとのスケジュールがアップされていると
とても参考になるので、私も書いてみたいと思っていたのです。

ではいきます!



1日のスケジュール



 6:30 息子、起床
      私はなかなかこの時間には起きられません…
      30〜40分程、息子が一人遊びをしてくれます。

 7:10 私、起床
      ようやく重い腰をあげて起きます。

 7:30 この間に息子はご飯を食べます。
〜8:00 私も軽く食べますが、洗濯を優先させます。
      夫は毎日このくらいの時間に起きます。

 8:40 Eテレさまのお世話になる時間帯。
〜9:30 その間私は洗濯・掃除・食器洗いなどを済ませます。

10:00 日によって違いはありますが
      だいたいこの位の時間から外出します。

12:00 近場のお出かけ(公園や公園+買い物)の場合は
      この位の時間に帰宅し、お昼ご飯にします。

12:30 ご飯を終え、片付けを済ませます。

13:00 寝室に移動し、お昼寝の寝かしつけをします。

13:30 お昼寝

16:00 日によって差はありますが、家であれば
〜16:30 2時間半〜3時間お昼寝します。

17:30 晩ご飯
〜18:30

19:00 お風呂
      お風呂のあとは歯磨き、スキンケアなどを行います。

20:30 寝かしつけスタート

21:00 就寝
〜21:30

夫の協力はほぼありません。


基本的には↑のようなタイムスケジュールで生活しています。

朝から晩まで息子と二人っきり。
夫の協力はほぼありません。

夫は帰りが深夜になることがほとんどで
仕事内容自体もハードでいつも疲れています。

その分始業時間も遅いので
8時〜9時近くまで寝ていることがほとんど。

夫にとっては大事な睡眠時間がということは分かっているのですが
諸事情(いびき)によりリビングで寝ている夫。

8時〜9時まで寝ていられると、部屋が片付かずイライラすることもしばしば。

たまにハードワーカーの方でも

「休日にはジョギング!」
「家族と過ごすことが何よりの癒し!」


みたいなタイプの方がいるじゃないですか。

私としては、夫にはそうあって欲しいのですが

基本、疲れは長時間寝ないととれない。
寝ること・ダラダラすることが大好き

そんなタイプなんです。

あとは、私はちょっとぐらい体調が悪くても
無理して動くタイプ(というより動かざるを得ない)ですが
夫は決して無理をしない。

そんな感じなので
朝のおむつ替えすらお願いできない毎日です。

スポンサーリンク

大変だけど、慣れたら一人が楽


夫の悪口を書いてしまいましたが
息子が生後2〜3ヶ月くらいまでは
夫にとっても”非常事態”だったのでしょう。
(私も産後うつっぽかったので)

仕事を何とかやりくりして、少しでも早く帰る努力をしてくれていました。

お着替えやおむつ替えも、この頃は積極的にやってくれていました。

でも、私が息子のお世話することに自信がついたころから
仕事は通常モードに。

やはり最初は心細かったんですが、次第に

私にしか分からない息子のサイン
私にしか出来ない息子のお世話


が増えていき、家に居る時間が少ない夫は戦力外に。

そうなってくると、たまの休みに
一から夫に教えるのも煩わしく感じ
(しかも一度では覚えられず、翌週にはまた同じことを聞いてきたりする)

全部自分でこなしたほうが早い!!
という感じになってしまったんです。

でもね、慣れてしまえば
一人のほうが楽なんですよ。

仲良くしている友人のご主人も
仕事上出張が多いのですが、同じことを言っていました。

母は強し、ですね。

まとめ


同じように感じているママさんも多いと思いますが
ご主人を協力的なパパに育てたい方は

丁寧に何度も教えてあげたり
パパが覚えやすいような配置にしてあげたり

そんな努力は必要かもしれません。
(私は脱落しました。笑)

でも、協力的なパパがいなくても
実家・義実家が遠方でも

子供一人なら
なんとでもなると思います!


まぁここに一人増えたら…というのが目下私の課題なのですが。笑

ご主人の協力も得られず
実家も義実家も遠くて、産後の生活が不安という方

そんな方の参考になりましたら幸いです。
関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

スポンサーリンク

プロフィール

tomochan12

Author:tomochan12
ギリギリ昭和生まれのアラサー
2013年に結婚し現在一児のママ

里帰りしない&サポートなし出産を選んだ方の
お力になれるようなブログにしていきたいと思っています。

このブログを開設したきっかけやプロフィールに関してはこちらをご覧くださいませ。

お問い合わせはこちらから。

訪問者数