記事一覧

4歳差で第二子妊娠した場合の状況を想定してみる

最近

兄弟や姉妹を連れて歩いているママさんを見かけると
「あの子たちは何歳差かな?」
なんて、ついつい考えてしまいます。

はい、完全に考えすぎですね。。

子供が多い地区ということもあり
兄弟や姉妹を連れて歩いているママさんなんてそこら中にいる訳で
結果、常に二人目のことを考えている感じになってます。笑

今回はいま最も有力である
4歳差で下の子をもうけた場合の状況を想定してみたいと思います。



4歳差〜妊娠中の生活〜


繰り返しになりますが
私は第一子のときと同様に里帰り&産後サポートなしで
第二子を妊娠〜出産することになると思います。

思えば、息子を妊娠中の心配事は、もっぱら

息子のお世話が軌道に乗るまで
いかにして夫婦二人で乗り切るか
でした。

妊娠中は切迫流産・切迫早産を経験し
私の血液検査の結果にも異常が見つかるなど(最終的には大丈夫でした)
楽しいマタニティライフとは言えませんでしたが

妊娠中は里帰りなし&親類のサポートがないことを
辛いと思うことは全くありませんでした。

でも、第二子妊娠中には
息子のことを考えなくてはなりません。

先日の記事でも書きましたが
第二子妊娠での心配ごとは
また切迫流産・早産を繰り返すのではないかということ。

4歳差となると
息子はすでに幼稚園に入園していることになります。

以下では、私がまた切迫流産・早産になったと仮定して
1日の流れを追ってみたいと思います。


<1日の流れ>
 9:00 登園
      夫が幼稚園に送る。もしくは園バスを利用する。

14:00 降園
      園までは自転車で5分ほどだが
      症状によっては園バスで、自宅近くまで送ってもらえるよう手続きする。

18:30 もしも安静指示が出た場合は
      預かり保育に申し込み、夫が迎えに行けるよう仕事を調整してもらう。
      
      帰宅後は夫にお風呂や寝かしつけなどを担当してもらう。

<その他>
・買い物はネットスーパーを利用
・家事、掃除は手抜き

今とはガラリと状況が違うため
想像しきれていない部分が多々あると思いますが…

・預かり保育が18:30まであること

・園バスが恐らく自宅のすぐ近くまで来てくれること

・夫の勤務時間が比較的融通がきくこと


この3点がかみ合えば
なんとかなるのではないかな、と考えています。

ただ、夫も基本的には激務。

毎日18:30に幼稚園に迎えにいくとなると
仕事が回らなくなるのでは、という懸念もあります。

これは、私が自由に動けない期間がどれくらいか
によって、大きく変わってくると思います。

それに関連して
夫が自宅で仕事が出来る環境作りも必要になってきそうです。

4歳差〜産院選び〜


次に考えなくてはならないのが
産院選びです。

ポイントになるのが
上の子を連れて入院できるかどうかという点。

息子のときの経験から
本当にいつ産気づくかなんて分からない、ということを身をもって知りました。

いくら夫と予定日周辺の予定を調整していても
それ以外の日に入院となれば、私が息子を連れて病院に行かなければなりません。

幸い近くに条件に合う産院が見つかったので
今のところ、そちらにお世話になろうかと思っています。

それとは別に
計画分娩、についても調べてみようと考えています。

スポンサーリンク

4歳差〜産後の生活〜


決して、二人育児を甘くみている訳ではありません。

でも、息子のとき
辛い辛い辛い、新生児期を過ごした経験が、今となっては私の糧となり教訓となっています。

それらがきっと、活きてくるはずだ、と考えています。

にしても、ちょっと軽く考え過ぎかな。

あと、実はその頃には新居に引っ越ししている予定の我が家。

今とは住環境も周辺環境も格段によくなる予定なので
そこに期待している部分もあります。

息子に関しては、これまで
どれだけ辛くても、一時保育などを利用することはありませんでした。

でも二人いるとそんなことも言っていられないと思いますし
最近ママ友が利用している一時保育の口コミを聞き好感を持ったので
そういうサービスなども積極的に利用していけたらと考えています。

まとめ


恥ずかしながら、私
幼稚園に預かり保育という制度があることをすっかり忘れていたんです。

先日息子が入園する予定の園のHPで、預かり保育についての説明を読み
「これがあるなら前向きに考えられるかも…!」
となり、すごく嬉しかったんです。

もちろん、想定出来ていないことも多いと思います。
いや、想定外のことのほうが多いかな。

でも、「完全にひとりぼっちじゃないんだ」
と思えただけでも、すごく有り難いなとおもいます。

息子に大変なかわいそうな思いをさせないこと

このことを第一に、今後も色々な状況を想定して、調べていきたいと思います。
関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

スポンサーリンク

プロフィール

tomochan12

Author:tomochan12
ギリギリ昭和生まれのアラサー
2013年に結婚し現在一児のママ

里帰りしない&サポートなし出産を選んだ方の
お力になれるようなブログにしていきたいと思っています。

このブログを開設したきっかけやプロフィールに関してはこちらをご覧くださいませ。

お問い合わせはこちらから。

訪問者数