記事一覧

切迫流産・切迫早産を繰り返したらどうするか(2)

前回の続きです。



体質?それとも動き過ぎ?


妊娠初期で切迫流産と診断され、薬を服用していた私。

にも関わらず、切迫流産の状態から回復すると
結構アクティブに動いてしまっていました。

因果関係は不明ですが
その後、妊娠中期に切迫早産の診断を受けることに。

前記事でも書きましたが
この点に関しては本当に反省しています。

その反省を踏まえた上で
第二子妊娠に向けて気になるのが

私の切迫流産・切迫早産は

体質だったのか
それとも動き過ぎが原因だったのか?


という点です。

体質であるならば
二人目妊娠時も繰り返してしまうのではないかと不安なのです。

第二子妊娠前に産院を受診


切迫流産・切迫早産には
それらを引き起こす原因があります。

しかし、妊婦検診の際に
原因について明言されたことはありませんし
母子手帳も確認しましたが特に記載はありませんでした。

なので私は第二子を妊娠する前に
一度、息子を出産した産婦人科を受診しようと考えています。

イメージとしては
ブライダルチェックみたいな感じでしょうか。

幸い、息子を出産した産院では
ブライダルチェックを推奨しているようなので
経産婦ではありますが、事情を説明して
同じような項目のチェックをしてもらえないかなと考え中です。

スポンサーリンク

二人目のタイミング


次に大事になるのが、実際に二人目を迎えるタイミングです。

私は、我が家にとり最良のタイミングは
”息子が幼稚園の年少さん”
のときだと考えています。

理由は、息子も4歳になると
物事の分別も付いてくる頃かと思いますし
息子が園にいる間は私も自宅で身体を休めることができると考えるからです。

また息子が通う予定の園には、有料も預かり保育もあるため
夫に迎えをお願いするということも場合によっては可能かなと考えています。

まとめ


もしまた切迫流産や切迫早産になったら…
そう考えると、里帰りも出来ず、産後サポートもない私は
第二子を迎えることは出来ないのではないか
そんな風に落ち込んでいた時期もありました。

でも
妊娠前に自分の身体の状況をチェックし
切迫流産・切迫早産に繋がる危険因子がないかを知り

タイミングを自然に迎えるのではなく
様々なことを考え、「上の子が◯歳のとき」と定めるなど

できることは色々とあると感じます。

私自身、姉が二人おり
住んでいる場所は遠いですが、その存在に日々助けられています。

息子にも、そんな存在を作ってあげたいという風に思うんです。
(こればっかりは親の勝手な気持ちなんですが。)

私が二人目について前向きに考えられるようになったので
周囲のママ友たちのおかげに他なりません。

話をすると
「私も一人目切迫だったの!不安だよね〜。」
「私はいろいろ考えて、上の子が小学生になってから二人目迎えたよ」
などなど。

みんな色々な事情を抱えていて
その経験が参考になり、私の励みになりました。

デリケートな話題なので
誰彼構わず話せる内容ではないかと思いますが
色々な人の意見を聞くと「なるほど!そういう手があったか!」
と目からウロコなこともあります。

里帰りなし&産後サポートなしで
二人目のタイミングで悩まれている方

私のように、プラス切迫のリスクもある方

ママ友や先輩ママに相談してみると
解決の道が見えてくることもあるかもしれません。
関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

スポンサーリンク

プロフィール

tomochan12

Author:tomochan12
ギリギリ昭和生まれのアラサー
2013年に結婚し現在一児のママ

里帰りしない&サポートなし出産を選んだ方の
お力になれるようなブログにしていきたいと思っています。

このブログを開設したきっかけやプロフィールに関してはこちらをご覧くださいませ。

お問い合わせはこちらから。

訪問者数