記事一覧

里帰りなし出産での第二子妊娠・出産について考える

息子、2歳2ヶ月。

児童館や公園で遊ぶお友だちや、友人の同年齢の子供たちには
続々と妹や弟が産まれています。

今回はそんな第二子の年の差について
里帰り&産後サポートなしの視点から
考えうるメリット・デメリットとともにまとめてみたいと思います。



里帰りしない出産での第二子、いつなら可能?


1歳差(年子)

私の周りにはいませんでしたが

出産後

「またすぐにでも産みたい!」
(しかも出産可能な状態になり次第すぐに)

という強者がいらっしゃいますよね。
本当にすごいと思います。

それが実現すれば、1歳差
いわゆる年子の妹や弟ができるわけです。

<メリット>
・双子みたいで可愛い
・一緒に遊んでくれる
・一気に子育てが終わる

<デメリット>
・0歳と1歳の育児に追われる
・おむつ代がかさむ


2歳差

ご存知の方も多いと思いますが
2歳差ってとっても人気なんですよね。

実際に私の周りでも多いので
なぜ2歳差にしたかを聞いてみると

<メリット>
・一緒に遊んでくれる
・子育てが一気に終わる
・綺麗な状態で洋服のお下がりが出来る

<デメリット>
・上の子のイヤイヤ期と重なる。
・上の子のトイレトレーニングが進まない。

こんな意見が多かったです。


3歳差

ここ数ヶ月以内に妊娠すると
我が家はこの3歳差の兄弟になります。

先日、私の周りでは1番乗りの3歳差での第二子妊娠報告を受けました。

その友人いわく

<メリット>
・上の子の幼稚園入園時に下の子が生後6ヶ月になるため
 行事ごとにも無理なく参加できる。

<デメリット>
・入学が重なるため、入学準備費用がかかる。

とのことでした。


4歳差

2歳差に次いで、この4歳差が人気だというのを先輩ママからよく耳にします。

<メリット>
・下の子が産まれたときに、上の子は幼稚園に通っているため
 下の子のお世話に専念し、かつ自分も休むことが出来る

・上の子のトイレトレーニングが完了しているため
 おむつ代が一人分で済む。

<デメリット>
・おもちゃや洋服などが古くなり、買い替えの必要が生じる。
・上の子が一緒に遊んでくれないことがある。


5歳差以上

公園や児童館で親しくしている先輩ママさんに
あえて、7歳と11歳の年の差にした、という方々がいらっしゃいます。

その方々にお話を聞いてみると

<メリット>
・上の子に十分愛情を注げる。

<デメリット>
・生活パターンが全く違うため、人手がないと大変なときがある。

とのことでした。

スポンサーリンク

まとめ


以前、振り返るシリーズでも書いたように
産後の私はとにかく心身ともにいっぱいいっぱいでした。

そのため年子で二人目をなんていう気持ちには
全くなれませんでした。むしろ、子供はこの子一人で十分、と思っていました。


息子が1歳を過ぎたころには
周りでチラホラ第二子妊娠するママがではじめました。

私も2歳差が人気ということは知っていましたが


「◯◯くんのママ二人目妊娠したんだ」
「えっ、◯◯ちゃんと◯◯ちゃんのママも妊娠したんだ」


「2歳児を抱えて妊娠できるなんてすごいな。」

そんなことを考えているうちに、あっという間に
2歳差のタイミングは過ぎ去りました。


そして今現在、もし妊娠すると3歳差となる訳ですが
実姉2人が3歳差で、両親が入学準備金にヒーヒー言っていたことを思うと
なかなか前向きには考えられません。

また我が家は今年引っ越しの予定があるため
いずれにしても見送りとなりそうです。


里帰り&産後サポートなし
夫のサポートもそれほど期待できない


それに加え、私の場合は

また切迫流産・早産になるかもしれない
また産後は精神的に辛くなるかもしれない


という不安がつきまといます。

でも、私が兄弟の存在に助けられていることを考えると
息子にも弟か妹を、という気持ちがあります。

それらを総合すると、二人目は最低でも4歳差かなと考えています。

実は、先日の3歳差の二人目妊娠報告を受けた友人は
これまで里帰り&サポートなし仲間として仲良くしてきた友人でした。

産後のことについて話をしていると
どうやら今回は実母が2週間程サポートに来てくれるとのこと。

こんなこと思っていはいけないし
それぞれの家庭にそれぞれの家族計画があることも分かっているのですが

なんだか先を越されたような気持ちと

なんだ、結局は実母のサポートあるんだ

と、やさぐれた気持ちになってしまいました。

つい周りの友人やママ友と自分を比べてしまいがちな私ですが
いざ第二子妊娠して、十月十日お腹の中で育てるのは私。

そして何かあったときに、迷惑をこうむるのは可愛い息子。(と、夫。)

まだ小さい息子にこちらの都合で大変な思い、寂しい思いはさせたくありません。

我が家にもう一人加わるのは少し先にはなりそうですが
来るタイミングまで、情報収集や必要な準備をしておこうと思います。
関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

スポンサーリンク

プロフィール

tomochan12

Author:tomochan12
ギリギリ昭和生まれのアラサー
2013年に結婚し現在一児のママ

里帰りしない&サポートなし出産を選んだ方の
お力になれるようなブログにしていきたいと思っています。

このブログを開設したきっかけやプロフィールに関してはこちらをご覧くださいませ。

お問い合わせはこちらから。

訪問者数