記事一覧

お出かけのおともに キャリフリーチェアベルト

今回は

キャリフリーのチェアベルトについてまとめてみたいと思います。



チェアベルトって何?


チェアベルトとは、外出先のレストランにある椅子に取り付けるだけで
赤ちゃんをホールド出来るという優れものです。

大人の腰に装着すれば、お膝の上で一緒に食事をすることも出来ます。

お値段は楽天などで、1700円程で購入可能です。

購入してみてどうだったか


よかったところ

・大人用の椅子しかないお店や、あったとしてもベルトなしの子供用椅子
 だった場合などに、子供を固定するためにとても重宝しているところ。

・コンパクトなので持ち運びに苦労しない。

・洗濯機で洗えるため、お手入れも簡単なところ。(私は洗濯ネットに入れています。)


イマイチだと思ったところ

・特にありません。

スポンサーリンク

まとめ


家族やママ友とのお出かけが増えてきて
息子の離乳食が三回食になったぐらいのときに購入しました。

それまでは、ひざに座らせたり、ベビーカーに乗せて食べさせていたのですが
ひざの上では私たちがゆっくり食べられないし
ベビーカーのままだとシートが汚れるのも気になっていたのです。

何か良い方法はないかと思っているときに
一緒にお出かけしたママ友が持っていたことがきっかけとなり、購入したという訳です。

チェアベルトを使い始めてから、息子が一度も嫌がったことがないことが大きいですが

私の中では、買って良かった育児グッズベスト5には確実にランクインします。


息子が産まれる前から、食事に行くと何となく目に入っていた子供用椅子

その時のイメージから、ほとんどのお店で用意されているものと思い込んでいたのですが
いざ自分が子連れで食事に行くと、用意されていない場合も多いことを知りました。

(正確には私が求めている種類の椅子が必ずしもあるわけではないということになるかな。)

そもそも、子供用椅子と一言にいっても種類があります。

① 木製もしくはプラスチック製で座面が高く自立するタイプのもの
② バンボのような見た目の、大人用椅子に置くタイプのもの
③ テーブルの天板を挟んで固定する、床に足がつかないタイプのもの

一般的にはこの3種類でしょうか。

私の中でのベストは、①のタイプでしかもベルトが付いているタイプなのですが
経験上、ない場合も多いです。

②のタイプは、ソファタイプの座席があるお店に多いのですが
前のめりになると、椅子ごとテーブルとの隙間に落ちてしまうのではないかと、ヒヤヒヤしたことがありました。

③のタイプは、以前息子を座らせると、まさかのギャン泣き

息子から理由を聞くことが出来ないため、推測になりますが

足がぶらぶらして、シート部分もゆらゆら動くことで不安になったのかなと思います。

このときは事前に予約をして、楽しみにして行ったお店。

念のために持参していたチェアベルトで、大人用椅子に固定すると
息子もすぐに機嫌をなおして、家族三人での外食を楽しめたのでした。


また、以前に息子のお友達(同月齢)が固定せずに椅子に座っていて
前のめりになった瞬間落下し、唇を切ってしまうという瞬間に遭遇したことがありました。

もちろん固定されるのが嫌で、泣いてしまうお子さんもいらっしゃると思いますが
でもせっかくの楽しい時間に怪我してしまっては、親子共々悲しい気持ちになってしまいますよね。

もし購入を悩まれている方がいらっしゃれば
お子様の安全のためにも、パパやママの食事時間の確保のためにも
一度購入してみることをおすすめします。
関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

スポンサーリンク

プロフィール

tomochan12

Author:tomochan12
ギリギリ昭和生まれのアラサー
2013年に結婚し現在一児のママ

里帰りしない&サポートなし出産を選んだ方の
お力になれるようなブログにしていきたいと思っています。

このブログを開設したきっかけやプロフィールに関してはこちらをご覧くださいませ。

お問い合わせはこちらから。

訪問者数