記事一覧

2歳になるまで使い続けたベビーベッド。

今回は、息子が2歳になるまで使い続けた
ベビーベッドについてまとめたいと思います。

ベビーベッドは楽天で購入した
KATOJI(カトージ) ベビーベッド ハイタイプ123です。



ベビーベッドを購入した理由


・当時ダブルベッドとマットレスを新調したばかりで
 赤ちゃんが産まれたあとも使い続けたかったため。

 そのため、赤ちゃんだけ床で布団に寝かせる
 という訳にはいかないと考えました。

・同じベッドで寝ると、私たちの寝返りでつぶしてしまわないかが心配だったため。

使ってみてどうだったか


良かったところ
・ダブルベッド(マットレス込み)とベビーベッド(ハイタイプとして使用した状態)
 の高さが同じだったため、ベビーベッドで寝る息子を同じ高さで見ながら
 私もベッドで横になり休むことができた。

・寝返りやつかまり立ちをしている頃
 柵をあげた状態のベビーベッドが息子の居場所となり
 短時間ではあるが家事に集中できた。

・床板の下の収納部分に、お世話グッズを収納出来た。


気になったところ

添い寝でないと寝てくれない時期があった。

・床板の下の収納部分は、少し掃除を怠るとすぐホコリがたまった。

・途中でベビーベッドを別の部屋に移動させる際
 一度解体しなければドアを通れなかった。

スポンサーリンク

まとめ


ベビーベッドに関しては、よく
「子供が全く寝てくれなかった」
「結局、布団を敷いて川の字で寝た」

そんな意見をよく耳にしますよね。

私も購入前は不安だったのでした。

でも振り返ると、添い寝でないとダメな時期もありましたが
息子は2年のうちのほとんどを、ベビーベッドで寝てくれました。
おかげで、私もダブルベッドでしっかり休むことができました。

そして、産後早い時期から自分で家事をこなさざるを得なかった私にとっては
ベビーベッドに息子を寝かせて短時間でも家事に集中できたことは本当に有り難かったです。
(寝返りをはじめたころは、柵があることで安心できました)

なので私は、総合的に考えて
買って良かったと思っています。

最終的には友人に譲るという形で手放したのですが
手放そうと思ったきっかけは夜中にぶつかって起きるようになったからでした。

「夜中起きるのはかわいそうだし、そろそろ限界かな」と思っていたところに
タイミングよく友人の第二子妊娠報告が舞い込んだのです。

もし息子(2歳2ヶ月)が小柄で寝相もよければ、今もまだ使っていたかもしれません。

※もっとも、商品の対象月齢は新生児〜生後24ヶ月となっていますので
このタイミングで卒業して正解だったとは思っています。


ちなみに、ベビーベッドで寝てくれない時期には
ファルスカ ベッドインベッド エイドを同じく楽天で購入し
ダブルベッドで一緒に寝たこともありました。

しかし、いくら赤ちゃんとはいえ
ダブルベッドに3人は窮屈でしたので
寝付いたらベビーベッドに移すを繰り返して、ベビーベッドで寝ることに慣れてもらいました。

また、私と同じように
楽天などのネットショップで購入を検討している方もいらっしゃると思います。

そこで気になるのが、大きさ品質ではないでしょうか。

私たちも気になり「現物を見たいね」ということになり
幸い近くにKATOJIの店舗があったため、行ってみることにしました。

しかし店員さんに、画像を見せて
「コチラの商品を見たいのですが」と伝えると
「取り扱いがない」と言われてしまったのです。

はっきりとした説明はなかったので
あくまで私の解釈ですが、ネット限定の格安商品なのかな?と思いました。
違っていたらすみません。

結局、事前に大きさなどは確認できませんでしたが
2年間まったく問題なく使用できました。

大きさに関しては、我が家の狭い部屋に対しては大きく感じましたが
ミニタイプだとあっという間にサイズアウトしてしまっただろうなと感じます。

我が家ははじめから、ベビーベッドという選択肢しかありませんでしたので
まよわず購入しましたが

「寝なかった場合、スペースをとるだけ」
「上の子が理解できるまでの間、ベビーベッドを使いたい」

そんな方は、レンタルしてみるのも良いかもしれませんね。

最後に
もちろん子供の個性などによるかと思いますが
ベビーベッドしかない状況であれば子供も寝てくれるようになるのではないか
というのが、私の率直な感想です。

この記事が購入を検討されている方のお役に立てましたら幸いです。
関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

スポンサーリンク

プロフィール

tomochan12

Author:tomochan12
ギリギリ昭和生まれのアラサー
2013年に結婚し現在一児のママ

里帰りしない&サポートなし出産を選んだ方の
お力になれるようなブログにしていきたいと思っています。

このブログを開設したきっかけやプロフィールに関してはこちらをご覧くださいませ。

お問い合わせはこちらから。

訪問者数